Dance while you can 生きてこそ

仕事辞めて、起業したら月収が3倍以上になりました。5歳年下のイケメンと結婚しまして、毎日楽しく、幸せいっぱいです。 いろんなコンテンツ作ったり、企画してます。海外での企画もあります。

いつもいるひとがいない

昨日からお盆に入った。

午前中に家の片付け、お墓に仏様をいつも通り迎えに行った。昨日は涼しくて助かった。

そのあと、今年の5月に亡くなった叔父の家に、新盆ということで御線香をあげに親戚のうちに車で向かった。
乗ったひとは必ず悲鳴をあげるわたしの運転で。

叔父の家には、わたしと年の近い従兄弟がいる。

もう従兄弟はお嫁に行ってしまっているのだが、毎年お正月とゴールデンウィークには、実家の埼玉に戻って来るので、それに合わせてわたしも遊びに行っていた。

いつもお昼と夕飯はすごく豪華な料理がたくさん用意されている。

昨日も用意されていた。昨日はお煮染め、豚の角煮、サラダ、、、他にも名前がよく分からない料理が並んでいた。

わたしがいつも、親戚の家に行くといつも叔父さんがいた。
居なかったことなんて、
これまで一度もない。

いつもいるはずの席に、叔父さんがいないのを見ると、
あーやっぱり居なくなってしまったんだな
という気持ちが実感として、少し出てきた。

ふと、戸棚を見ると、
ドラクエのスライムと商人の置物があった・・・!!

叔父さんが確かにここにいた証拠だ。

一緒にドラクエをプレイしていた日々が、懐かしい。

 

f:id:southpark15:20170814185007j:image

この3連休、専念したこと

7月には海の日という休日があり、恵みの3連休があった。

 

この3連休の前日、

つまり花金に当たる金曜日だが、

 

この日に、ある出会い系パーティーがあった。

 

出会い系パーティーというと、、、

18禁のパーティー?

知らないひとと、5分ずつ話して、テーブルをグルグル移動するパーティー??

 

そんな男女の出会いパーティーとは、

違うよー。

 

例えて、いうなら未来型出会い系??

 

パーティー会場は、めっちゃ豪華なパーティールーム。

この空間だけでも、癒される。

 

パーティーの主催してくれたひとからのお話がすごーく濃くて、

なんやら途中から霊視??コーナーになったり、

参加者の方から、思わぬプレゼントをいただいたり、

 

はたまた、目の前では花火が上がったり、、、

まるで、宝箱をひっくり返したような、パーティーだった。

 

こんな前代未聞のパーティーは、

初めてだった。

 

そうそう、そのパーティーの主催者のひとりのアタル引退したアタル兄さんが、

断捨離のお話をしていました。

 

断捨離をすると、

新しい物が入って来るから断捨離はした方がいい

という話を聞いたことがあるひとは、

多いだろう。

 

だけど、今回のアタル兄さんの話は

また違った。

 

わたしはパーティーの後、

何がなんでも、断捨離をしなければという思いに駆られた。

 

この時期って夏のバーゲンがそろそろ始まる時期だよね?

 

洋服を買いに行きたーい!!

でないと、ストレスがたまるー。

 

この連休は絶対に買い物に行くぞ!

と、決めていた。

 

が、アタル兄さんの話を聞いてしまってから、

 

ひたすら断捨離をしようといても、

たってもいられなくなり。

 

3連休1日目の土曜日の午前中、物置やうちにあった、

カッパやら、モアイ像やら、土偶の置物を捨てた。

 

3連休2日目の日曜日。母が急にうちの庭にある物干し竿が錆びているから、

すぐに片付けたほうがいいと騒ぎ初め、

 

炎天下の中。

 

ひたすら、外に立てかけてある大量の鉄筋の撤去作業。

 

文章じゃ、伝わらないと思うけど。

とんでもない、肉体労働だから。

 

汗が滝のように、出てきた。

 

もう女の力だけじゃ、

どうにも出来ないところがあって、

 

この時ほど、男の人の力が欲しいと思ったことはなかった。

 

あまりにも、どうしようもなくなったので、

次の日に、

彼氏に来てもらって、撤去作業を手伝ってもらったよー。

 

おかげで、物干し竿。全部撤去完了。

 

気分はかなり、スッキリ!

 

家の周りに錆びた物があるって

 

家相的に良くないらしい。

 

そうなのか。。。

 

とにかくこの3連休は、

買い物はせずに、

捨てることに専念した。

 

捨てるのって、

エネルギーがいる。

 

だけどね、

捨てたら、

別の新しいものが、

ちゃんと、入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

雨天決行って結構いいかも、実は、

6月に都内であるパーリーを開催した。

 

誰にも知られたくないくらい、わたしの超お気に入りの場所が会場だった。

パーリーの開催場所が場所なので、パーリーがあるということを

限られた人にしか知らせなかった。。。

 

そして、7月1日。

そのパーリーに参加したひとにしか、告知していない超特別限定イベントがあった。

 

今回の超特別限定イベントの参加を決めてくれた人は、

 

え!?

雨でもやるんだ。。。

正直、びっくりした

らしいと言うことを後から聞いた。

 

イベントを計画する時にイベント当日の天気がどうなるかなんて、

分からないじゃない??

 

それにせっかくイベントに参加するって予定を時間を空けてくれたのに、

雨で中止するのも、なんだか勿体無いなーと思ったの。

 

標高1、100mもあり携帯も繋がないほどの山にあり、

呼ばれた人しか行くことの出来ないところと呼ばれている神社があります。

 

本当はその神社に行く予定だったんです。

 

ところが調べていくうちな毎月1日は、とんでもない御守りが買える日ということでとんでもなく混むらしいです。

どのくらい混むかって?

ネット情報では、

あんな体験、二度としたくない!

というほど(泣)

 

ただでさえ、激安混みする日なのに、7月1日は土曜日だから、さらに大激混みが予想されたので、

無理矢理行き先を、長瀞にある宝登山に変えた。 

長瀞を知っていますか?

いま、すごく話題のスポット。


なんの、話題?

ふふふ、今幸せいーっぱいの
皇族のあの方がデートで長瀞に行ったということで、
大注目されているスポットです。

 

当日の天気予報では、

午前中、弱雨、その後曇だった。

 

雨も止みそうだし、、、

出来るだろう!
と、

わたしは躊躇なく

 

イベントの

 

決行を決めた。

 

普通、山登りをする計画をしていた日に、

雨が降ったら、山登りのスキルを上げるために雨の降った山登りをするとか、よほどの登山の熟練者ではない限り、

山登りは中止しますよねー?

低い山すら登ったことのない初心者の場合は

と・く・に。

雨が降った山道は足元すべりやすくて危険だし、壮大な景色も何も見られないし。

 

秩父に近づくにつれて、雨は強くなり、

長瀞駅に着いたら、
それはもう土砂降り。。。

土曜日にも関わらず、長瀞駅にはあんまり人がいなかった。

 

一足先に着いていた、悪ノリ軍団のボス、マカロさんは駅前の売店でそばを食べて、奥様と一緒に大雨のなかポツンと壁のない売店にいました。

 

 

 「いやー、雨だったら中止にするのかとばかり思っていたらやるんだね。

まんぬに任せたらどうなるのかなー?
一切、口を出さなかったら、、、
雨でもやるんだ。って驚いたよ。。。」 

 

わたし、山登りイベント中止に

すべきだったの??

 

天気予報では、弱雨、それから
曇のはずだったのにー

全然違うじゃん!!!

どっからどうみても大雨ね。

 

だけど、宝登山はロープウェイを使えば5分で山頂付近まで行けるみたいだし、

初心者でも登れるようだから、

行けるよね。。。

 

そんなことを考えながら、 

大雨の中、遅れてきた未来マンと合流した。

これで今回の悪ノリ軍団、全員集合。

 

駅前から出てる無料シャトルバスに乗って、ロープウェイへGO!

 

ワクワク、ドキドキ、
ロープウェイ!

ロープウェイからの景色は、、、

うーん、

霧でなーんにも見えませんー。

まるで、
雲の中にいるみたい。

異世界に引き込まれそうー。 

元の世界に帰ってこられるかしら、

 

霧に包まれた山頂駅に着いた。

そして大雨と霧の中、宝登山山頂を目指す!! 

登ること、約10分!! 

山頂であることを示す看板を発見!!

本当は写真を撮りたかったのだけれど、

歩くので、必死で写真どころじゃなかった。

 

だけど、山頂に無事に到着。

そのあと、雨の中散策したけれど、

まあひとが、いないー。

 

混んでて、人でゴミゴミするよりいいし、
山の雰囲気も霧がかかって幻想的だった。

 

雨だからひとがほとんどいないわけだけど、

ひとがいない山って気持ちいいし、人疲れしない。

 

これは新たな発見だった。

 

ひょっとしたら、わたしは山登りイベントを中止すべきだったんじゃないか?

 

と、山頂へ向かうロープウェイに乗った辺りから、薄々思っていたのだが、

 

みんな、これくらいの雨ならアリだよと

言ってくれた。

 

晴れていたら、野上駅から長瀞アルプスで宝登山の山頂まで向かうプランだった。

 

雨の場合は、長瀞駅に集合して、

ロープウェイで宝登山に登るということも、前日に参加者に伝えておいた。

雨でもやるんだ。。。

って正直、びっくりしたらしい。

 

とは、いえ、なかなか楽しかった。

 

これから夏本番がやってくるから、低い山だと、暑くて苦しくて地獄になりそうな気がするから

夏に登るなら、標高1,500m以上の初心者向きの山にする。

 

今回の山登りイベントは、超限定特別オファーでしたので、

後から、わたしも参加したかったーといろんなところからちらほら言われました

ので、次はもっと広く告知したほうが良いかも。。。

 

あと、8月の企画はどうするんだ。。。との声もありました。

うーん、8月の企画はどうしましょう。

 

近々メルマガ、発行しますー。

 

ブログでは、なかなかいろんなことが
書けないことに気付いた。

 

なので、メルマガにはブログには書けないもっとすごい話、プライベートな話題を、あなたにお伝えしていきます。

 

7月1日の山登りイベントはこれでは、終わりません。

次の記事は、摩訶不思議な長瀞編です。

ではではー。

まんぬ

 

 

お願いだから、大衆に馴染んで!

お願いだから、大衆に馴染んで!

母のわたしへの悲痛な叫びだ。

わかる。

言いたいことは、わかる。

わたしだって、せめて人並みになりたい。

だから、ちゃんと現役で大学行ったでしょ!

ちゃんと、一般企業に就職だってしたし、○○事務所で長年働いたでしょ?

大衆に馴染むのって、それなりに努力がいるんだよ??

え??

わたしが大衆に馴染む努力がまだまだ足りない??

わたしすっごく頑張ってると思うんだけどなー。

いつまでこの努力を続けたらいいのかなー。

まさか、死ぬまで?(泣)

 

自分を磨くことは、一生必要だし、やるべきことだ。

 

なりたい自分に必要な行動もちゃんとしなくては、目指しているものになるには必要

 

だね。

 

 

 

 

適材適所ってあるよね

この世の中は、今、いる人すべてに、適材適所ってある、

と信じている。

他の場所では、パッとしなくても、輝き出して、そのひとの最大限の魅力と、能力を発揮する場所や仕事ってある。

その中、みんないるべき場所、やるべき仕事をやっていれば、
仕事が合わなくて、苦しむことも少ない。楽しく、生きることが出来るひとが、増えて世界が元気になる!!

わたしが、いまやっている仕事は、ハッキリ言って、向いていない。
それはずっと感じていた。

今のわたしの仕事には、もっと相応しいひとがいる。
ずっとそう思っていた。

今日、職場に新しい人が、入社してきた。

わたしの仕事を引き継ぐためだ。

新しい人は
わたしのいる業界に13年もいる大ベテランで、
しかもとても物腰が柔らかく、
優しい人だったので、
すごく安心した。

半日くらい、わたしの仕事を教えていて、感じた。

この人は、
わたしのやってる仕事にすごく向いてる・・・!!!

やった。霊視通りだ。

この人なら、わたしのやっている仕事をこなせる。

適材適所ってやっぱりあるんだ。
というのを確信した。

これで、わたしもようやく自分の行きたい道へ行ける。

 

久々のブログなので、今日はウォーミングアップ程度で。

 

では、またー。

 

12年働いた職場を辞めた

理由は、自分でやった副業のほうが、本業を上回ったからだ。

あと、今の仕事は自分にはもう学ぶことがないし、そもそも楽しくない。

実際に仕事を辞めた感想はどうか??

なんでもっと早くにこの仕事をやめなかったのだろう。

もっと早くに自分の仕事に集中すれば、時間のロスが少なかったし、もっと早く人生が進んだのにって思う。

仕事を辞めて、仕事する時間が1日3〜4時間になった。

でも、頭はこっちのほうが良く働くし、いいアイディアもたくさん出る。

収入も、自分の仕事1本にしたら月収が3倍以上になった。

仕事やめて、本当に良かったと思うのが、
好きな時に、好きな場所に行けること。

 

あまりに好き過ぎて2週間に1回くらいのペースで旅に出てる。

仕事も含まれてるけど、

あんまり仕事って感じがしない。

 

好きでやってることだから。

 

旅行好きなわたしにとってはこんなに自由に動ける生活が本当に幸せ。

わたしの旅行好きに欠かせないものがある。

それは、一体何か??

それは次の記事で。

 

人を動かすとは??

こんにちはー。なんだかよくいじられるまんぬです。

 

めっちゃ充実した日々。

 

あっという間に過ぎ去ったゴールデンウィーク

いかがお過ごし??

 

お買い物に行ったり、旅行に行ったひとたくさんいるよね。
わたしもよくゴールデンウィークにはアウトレットに行ったり、何年か前には北海道の旭山動物園に行きました。

 

で、そんなとーってもリア充なわたしが
今年のゴールデンウィークは何をしていたかというと、
アタル兄さんの「2017年悪ノリプレミアム」に参加していました!

 

4月29日から5月7日までほぼ毎日、何かしらの講座は開催されてたんですね。

 

仕事があったりして、さすがにコンプリートは出来なかった。。。

ですが、
参加できる講座は、
できる限り参加しました。

 

まあ、お陰ですっっごく濃い日々を過ごしました。

いきなり「ライティングの自分改造」から始まり、その後、アタル兄さんの著者についての特別講座「自分を生かすための人生戦略」があり、
その次の「生命力の研究」までが
アタル兄さんのパートでした。

 

自分の読んだ本について、
自分の言葉に言い換えたり、
「この文は一体何が言いたいんだろう?背景に隠された著者が本物に伝えたいことは何だろう?」
と、考察したり議論したりすることはありますか??

 

2017年悪ノリプレミアムの最後を飾る講座は「未来を開く講座、人を動かす」でした。

「人を動かす」はデール・カーネギーの代表的な著者。
もう何十年も前から世界中で読まれている昔から読まれている自己啓発の大ベストセラー

 

わたしは、デール・カーネギーの代表的な著者2冊
・人を動かす
・道は開ける
を持っています。

この2冊は今から10年くらい前に一度読んでいるんです。

なんせ10年前なもんで、、、
まー全く内容を覚えていないこと。。。

 

こういった自己啓発の内容の本は一度、読んだだけではあまり身体に入ってこないので、
繰り返し時間を置いて読んで、身体に染み込ませるべき。

とは言っても結構、1冊のボリュームがある。

全部、読み返すのはなかなか大変、、、と思うのですが、

なんと美保さんは、
本の内容の大事なところをまとめてた資料を用意してくれていました!

 

ワークショップは

約350ページくらいある本の内容を15ページほどに纏めてくれた
資料に基づいて行われました。

これなら、復習も簡単。

 

f:id:southpark15:20170510205910j:image

美保さんのヒーリング講座を受けた時も思ったのですが、
美保さんの説明は分かりやすいです。

 

ちょっと読み難い本も、
美保さんの手にかかれば、
自分の体験と照らし合わせたり、

わかりやすく説明してくれるので
スッと無理なく頭に入ってきます。

ただ、聞いているだけではなく、
自分の解釈についても議論したり。 他の参加者のひとたちのお話も聞いたりしました。

 

そうしたほうが、
ただ字を追って読むだけより、
腑に落ちる感じです。

 

他の人の読み方も、面白い。
ひとそれぞれの経験などで、読み方が変わります。

 

読み方は個性が現れるなーと、
ワークをやってみて実感しました。

特にアタル兄さんの読み方は、

 

強烈で興味深かった。

 

「人を動かす」について、アタル兄さんはいろいろ語ってくれたのですが、

特にわたしが心に残ったのは、

 

人を元気にすれば、
人は動く

 

人を動かしたければ

 

人を元気にすること

 

ということだ。

 

 

いくら人を動かそうとしても、
目の前にいるひと、
周りにいるひとが元気でなかったら、
人は動かない。

 

自分も元気がなかったら動かない。というより動けない。

 

まずは、自分の周りにいるひとを元気にすることを考えよーと強く思ったのでした。

 

「人を動かす」は耳が痛いというか、自分への戒めのようなことが、書かれていました。自分も同じことをしていないか、、、かなり思い当たるので気をつけなければ。

 

本を読んで、その内容について考察したりするワークショップは初めて参加しましたが、
今までサボっていた脳が刺激された感じです!

何よりも驚いたのは

1冊の本でこんなことが出来ちゃうんだなーと目から鱗!!

 

いつか、自分もやりたい。。。

 

成功したいひと、
少なくともデール・カーネギーの代表的な本

「人を動かす」 と
「道は開ける」は

 

 

読むべし!!

 

 

まんぬ