Dance while you can 生きてこそ

仕事辞めて、起業したら月収が3倍以上になりました。5歳年下のイケメンと結婚しまして、毎日楽しく、幸せいっぱいです。 いろんなコンテンツ作ったり、企画してます。海外での企画もあります。

ついに、手に入れた、、、

何件の本屋を回ったことだろう・・・。

すっごく欲しい本に限ってなかなかその本が、見つからない時、ないですかー?? 

 

わたしがお目当の本は
発売されてから、そんなに日が経っていないので、

簡単に見つかると思ってた。

 

ところが、なかなか見つからない。

 

語学の棚にあるの??

それとも、精神世界のコーナー??

 

新発売だから、すぐに見つけられると思ったのに

近所の近くの、本屋もない。
職場の近くの本屋にもない。 

 

こんなにないなんて、、、どんだけ売れているのだろ。

 

そんなにこの本、読むひといるの!?

 

わたしは、マニアックの人しか、読まない本だと思っていたのだが、、、。

 

今日、英語の講座があるので、飯田橋にやってきた。 

 

ふと、飯田橋の本屋に寄って探してみたら、、、

 

ついに、見つけた。

 

ムー公式
実践・超日常英会話

 

引き寄せブームがあったけど、「引き寄せ」って英語でなんていうんだろー??

 

f:id:southpark15:20170909154704j:image

 (この写真のひと、引き寄せの本を引き寄せてる。。。なんか苦しそう)

 

「引き寄せ」日常でめっちゃ使う表現だね!!

 

オカルト雑誌、ムーには良く出てくるような表現がこの「ムー公式 実践・超英会話」

には、たくさん出てくるのだが、

このような、超常現象の単語は

 

通常、全く使わないし、必要性もあまりないせいか、、、
こういう、英語の例文をあまりみかけない。

 

スプーン曲げが、
spoon bendingという表現を使うって知らなかったー。

 

英語自体の解説は少ないかもしれないけど、

超常現象の表現の使い方を学べる、すっごく貴重な本。

 

この本をテキストにして、英語講座やろうかしら!?

 

そうそう、今日は英語のレッスンをしてきました!!

本日のクライアントさんは、ヒーリングの巨匠である素敵なお方!!

 

すごく面白い。と


レッスンをリピしてくれています。

 

今日はまず前回の復習からやりました。 
復習はめっちゃ大事。

 

基礎がガタガタだとね、そのあと進んでも詰まってしまうし、理解出来ないので。

 

やっぱり自分の好きな分野だと、
「何が書いてあるのか知りたいー!!」
という思いがあるので、英語を理解するのが苦じゃないというのを感じる。

 

英語の文法も、
項目ごとに勉強するのも、いいけど、 

 

英文を読んでて、必要になった時に勉強するんでもいいんじゃない??

 

自分の得意分野+英語が最強!!

 

今日のお客様、ヒーリングの巨匠さんから、

「英語のレッスンを受けたら、頭がスッキリした!」

 

という、嬉しいお言葉をいただきました!

英語が読めると、世界が広がる。


英語が分からない、理解出来ないというひと、英語の苦しみから本当に救います!!

 

あなたが英語が分からないのは、ひょっとしたら使っている教材や、英語を教えたひとが問題だっただけかもしれないですよ??

 

それでは!

 

Manglish英語のレッスン受付中

1時間 1万円
初めての方は30分の無料カウンセリングをします。

 

お問い合わせ、お申込みはこちらのメールへお願いします。

mannumind5115@gmail.com

ガチスピ大学ついに開講〜講座受けてきた

いま、Youtubeで密かに話題になっているガチスピ大学をご存知でしょうか? 

 

大学といっても、入試はこれからです。

 

Youtubeで、オープンキャンパスがみられます。

 

酢飛田さんという方が登場します。

 

酢飛田というくらいだから、飛ぶように酸っぱいような気がするのですが、
唐辛子たっぷりいろんな種類の香辛料が混ぜ合わさったような、癖になる辛さのような感じです。 

 

真っ赤というより、赤黒い激辛の麻婆豆腐のように、強烈なひとだなと、オープンキャンパスを拝聴して思いました。 

 

オープンキャンパスの動画を聞いている

もうこの時点でわたしは、耳が痛かった。

 

どうやらガチスピ大学の基礎講座が受けられるという、お知らせが2〜3日前にメールで届いたので、
昨日は、ガチスピ大学基礎講座、第一講義に行ってきました。 

 

授業時間は、大学の一コマと同じ90分。

あっと言う間だった。

 

そして、ガツンとやられた感じがした。

 

どれだけ自分が何も見えていないということを自覚していないか、
思い知らされました。

わたしは直接受講したのですが、
本当に直接参加して良かったです。

 

その理由を、挙げてみました。

 

理由その1
授業は、ただ黙って聞いているだけと思ったら大間違い。

授業の実践ワークを授業中にやりました。

このワークが、わたしにとってはなかなかハードなのですが、 

授業の中でやるので、必死にやるわけですよ。

 

そのすると、限られた時間の中でなんとか無理矢理でも、とにかくやります。

 

自分一人で家でやれと言われたら、
おそらく、やらないで済ませようとしてしまうでしょう。。。

 

理由その2
ライブ受講すると、その場で分からないことを質問できます。
これは、すごくいいです。 

 

理由その3
自分にとっては、誰にも邪魔されずに集中出来る環境で、授業を受けられるのが、すごく良かったと感じました。

だって、うちで動画見てると、何かと邪魔が入るし、集中力切れるし、目が疲れるー。

 

理由その4
講座が開催される場所が、素晴らしい。
これは、直接参加したひとだけが分かるお楽しみ。

 

一緒に参加してた他の受講生も、

なんとしてでも、直接受けに来る

と言っていたくらい

酢飛田さんがインパクトのある素晴らしい授業をしたのだ。

 

距離的に通えないひとは、動画講座でしか受講出来ないけれど、

都内近郊のひとは、ライブ受講しないと、
すーっごく勿体無いですよ!!!

 

全国にたくさんいるであろう、ガチスピ大学を志望する皆様。 

 

動画で講座を受講する方もたくさんいらっしゃると存じます。

 

これから、講座を見るひともたくさんいると思いますが、

どこにも話されていない、貴重な内容です。

 

めいいっぱい、期待して大丈夫です。

 

基礎はすっごく大事なので、何度も動画で復習して、授業で教わったことを実生活で使えるように、実践していきましょー。

f:id:southpark15:20170906222833j:image

 

まんぬ

 

人生初体験のー

ううっ、胃というか横隔膜に効いてる。。。


昨日は、人生初の調布に行ってきた。

 

そして、人生初の体験をしてきた。 


初体験のことってすごく記憶に残りませんか??


初めて、ジルバで男のひとと踊った時のこと覚えてる。
ちなみに、誰と踊ったかまで、覚えてる笑
あの時は恐る、恐るステップを踏んだな。。。


だけど、その時
音楽に合わせて、踊る楽しさを知った。


ダンスの曲から、好きになった歌もある。


歌うのも、楽しい!!
もっと、声が出せたらいいな。


もっとカッコよく歌えたらいいなとずっと思ってた。

わたしはリアルgift会という活動をしているのですが、リアルgift会で一緒の
堤真耶先生がボイトレのレッスンをしているということを、つい先日知りました。

天音美保さんと原澤御大が、堤先生のボイトレを受けて、

何やらとんでもない能力が開発されそうだ、、、

という感想を聞いてずっーと気になっていました。

ちなみに美保さんは、堤先生のボイトレを受けてから、
予想もしていない方向に、いろんな物事が動いています。

堤先生のボイトレ。。。

なんだか、凄そうだぞ。。。

かなり興味が湧いてきた。

ボイトレではないのですが、声楽を習っている友人がいまして、
わたしが、
「ボイトレに興味がある」
と、友人に言ってみたところ。
「すごくいい声してるんだから、ボイトレやったらいいのにってずっと思ってた。」
と、衝撃的な発言を受け、
これは、早くやらなければ!

と、早速、堤先生のボイトレの予約を取りました!

そして、昨日念願の
ボイストレーニング人生初体験!!

ちなみに講師の堤真耶先生とは
こんなお方です。
http://s.ameblo.jp/tsutsumimaya/entry-12305700481.html

先日、開催されたライブ「エレナーライブ2017」では、もう来年の開催が決まってしまうほど大盛況!!

すごーく、フワフワしていて穏やかで不思議なお方。。。

わたしの場合は、

高い声が出ない。
息が続かない。
これが、ちょっとした悩みだった。   

 

さてさて、堤先生はどんな風にわたしを叩き直してくれるでしょうかー!?


まず、気付いたこと。
あれー??

普段から、こんなに息していなかったけ??
一体何をやらせるんだー!?

んー?
カラス?
犬?
猫!?

声の出し方ってこんなにたくさんある。

歌と思わなければ、声が出せるのに、歌となった途端に、固まっちゃうのかな??
声が詰まるー。

だけど、堤先生のレッスンを受けると、

わたし、ちゃんと声が出てる。

ということが分かる。

そうすると、

歌えない自分から、歌える自分に変わる。

自分が上書きされる感じ。

わたしは、いろいろ直すところがあって、直し甲斐があるそうな笑

とにかく、横隔膜をすっごく使った。

ボイトレで痩せるひともいるとか。

すごく納得、、、。

堤先生が教えてくれた声が出るようになるトレーニングも、

難しいことは、全くなく、

遊び感覚で出来てしまうものばかりwww

あと、これはダンスでも使えちゃう!!
というものもあった。

歌うには、全身使うのね。

1時間程のレッスンでしたが、まるで運動したかのような、グッタリ感。。。

だけど
レッスンのあと、なぜか顔がかなりスッキリ!

夜は、ぐーっすり眠れた。

朝も元気に起きられました。

夢も、いつもと違う幸せな感覚がする夢でした。

なんだか、人生が変わりそうな予感。。。
今まで未開発だった領域が刺激された感じ。

声楽をやっている友人に少し、
堤先生のレッスンの話をしたところ、

「すごく基礎から教えてもらってるね!!その先生、凄くいい先生だよ。」
との返事が!!

わたしは何よりも
自分も歌えるということ、
が嬉しいと感じた。

もっと、歌いたくなる。

堤先生のボイトレのリピ、決定。

まんぬ久美子

 

f:id:southpark15:20170830221426j:image

変化する盆踊り!?

ずーっと東京は雨が続くと思っていたら、2、3日前から突然晴れた。

 

そしたら、暑い日の連続だー。

 

いやー、こういう暑い日は、盆踊りするに限るね。

 

そういえば、今日は日比谷公園で盆踊り!?

そもそも、盆踊りってどんな踊りなんだろ?

ただ明るく楽しく踊ればいいというものではない気がする。。。

 

ウィキペディアで調べてみた。

 

盆踊り(ぼんおどり)は、盆の時期に死者を供養するための行事、またその行事内で行なわれる踊り。

 

死者のための踊り。そこにはなんとなく危うさがある。

 

だけど、そこに不思議な中毒性があるんだなー。

 

一昨年辺りから、日比谷公園の盆踊り大会には屋台が

急に国際化というインターナショナル化してきた。

 

ケバブだの、ちょっと前までは見られない食べ物が屋台として出てる。

 

外国人はお祭りにいたけれども、盆踊りの輪に入って踊ってるひとは少なかった。

 

ところが、去年辺りから外国人も輪の中に入って踊る姿がチラホラ見られるようになった。

 

どこの国から来てるのかなー?

 

ポルトガル語らしき声も聞こえたけど、やっぱり英語を話しているひとが多かった。

 

そうそう、

 

一週間程前に、わたしは「謎解き英文法」という講座ををした。

 

もともと、依頼をされて開催した講座だった。

 

だけど、どうせなら一般のひとにも募集をして、講座をやってみたらどうだろう。


と思い、一般のひと向けにも告知をした。

 

そしたら、リアルgift会の仲間もこぞって協力してくれたおかげもあり、、、

 

18名のひとが受講してくれましたー!!!

 

嬉しい〜!!

 

会場はちょっと広めのところを取っておいたんだけど、

取った会場に定員ギリギリくらいひとが集まった。

 

年代は30代、40代のひとが多かった。

受講者からは、

英語ってこんな構造になってるとは、知らなかった。

 

今まで使っていない脳を使った。

英語の読み方が、目から鱗だった。

 

と、嬉しい声をいただき、

すごーく感激しました!!

 

特に、英語が急遽仕事で必要になってしまったのだけれど、まず何をしていいか分からない。
ということで、いらした30代後半の男性の方がいました。


基礎中の基礎がどれだけ大事かわかりました。
どうにか、なります!英語が楽しくなりました。
との講座のあと言っていただけました。


今回の講座はわたし自身すごく勉強になったし、開催して良かったとつくづく思います。

 

教えれば、教えるほど英語の理解が深まってゆく感じがしました。

ですが
たった2時間だけでは、伝えたいこあと、すべて伝えることは出来ません。

近々、また英語の講座を開催する予定です。

 

 

あっと驚くような世界にあなたを連れて行きますー。

 

 f:id:southpark15:20170826200005j:image

 

 

いつもいるひとがいない

昨日からお盆に入った。

午前中に家の片付け、お墓に仏様をいつも通り迎えに行った。昨日は涼しくて助かった。

そのあと、今年の5月に亡くなった叔父の家に、新盆ということで御線香をあげに親戚のうちに車で向かった。
乗ったひとは必ず悲鳴をあげるわたしの運転で。

叔父の家には、わたしと年の近い従兄弟がいる。

もう従兄弟はお嫁に行ってしまっているのだが、毎年お正月とゴールデンウィークには、実家の埼玉に戻って来るので、それに合わせてわたしも遊びに行っていた。

いつもお昼と夕飯はすごく豪華な料理がたくさん用意されている。

昨日も用意されていた。昨日はお煮染め、豚の角煮、サラダ、、、他にも名前がよく分からない料理が並んでいた。

わたしがいつも、親戚の家に行くといつも叔父さんがいた。
居なかったことなんて、
これまで一度もない。

いつもいるはずの席に、叔父さんがいないのを見ると、
あーやっぱり居なくなってしまったんだな
という気持ちが実感として、少し出てきた。

ふと、戸棚を見ると、
ドラクエのスライムと商人の置物があった・・・!!

叔父さんが確かにここにいた証拠だ。

一緒にドラクエをプレイしていた日々が、懐かしい。

 

f:id:southpark15:20170814185007j:image

この3連休、専念したこと

7月には海の日という休日があり、恵みの3連休があった。

 

この3連休の前日、

つまり花金に当たる金曜日だが、

 

この日に、ある出会い系パーティーがあった。

 

出会い系パーティーというと、、、

18禁のパーティー?

知らないひとと、5分ずつ話して、テーブルをグルグル移動するパーティー??

 

そんな男女の出会いパーティーとは、

違うよー。

 

例えて、いうなら未来型出会い系??

 

パーティー会場は、めっちゃ豪華なパーティールーム。

この空間だけでも、癒される。

 

パーティーの主催してくれたひとからのお話がすごーく濃くて、

なんやら途中から霊視??コーナーになったり、

参加者の方から、思わぬプレゼントをいただいたり、

 

はたまた、目の前では花火が上がったり、、、

まるで、宝箱をひっくり返したような、パーティーだった。

 

こんな前代未聞のパーティーは、

初めてだった。

 

そうそう、そのパーティーの主催者のひとりのアタル引退したアタル兄さんが、

断捨離のお話をしていました。

 

断捨離をすると、

新しい物が入って来るから断捨離はした方がいい

という話を聞いたことがあるひとは、

多いだろう。

 

だけど、今回のアタル兄さんの話は

また違った。

 

わたしはパーティーの後、

何がなんでも、断捨離をしなければという思いに駆られた。

 

この時期って夏のバーゲンがそろそろ始まる時期だよね?

 

洋服を買いに行きたーい!!

でないと、ストレスがたまるー。

 

この連休は絶対に買い物に行くぞ!

と、決めていた。

 

が、アタル兄さんの話を聞いてしまってから、

 

ひたすら断捨離をしようといても、

たってもいられなくなり。

 

3連休1日目の土曜日の午前中、物置やうちにあった、

カッパやら、モアイ像やら、土偶の置物を捨てた。

 

3連休2日目の日曜日。母が急にうちの庭にある物干し竿が錆びているから、

すぐに片付けたほうがいいと騒ぎ初め、

 

炎天下の中。

 

ひたすら、外に立てかけてある大量の鉄筋の撤去作業。

 

文章じゃ、伝わらないと思うけど。

とんでもない、肉体労働だから。

 

汗が滝のように、出てきた。

 

もう女の力だけじゃ、

どうにも出来ないところがあって、

 

この時ほど、男の人の力が欲しいと思ったことはなかった。

 

あまりにも、どうしようもなくなったので、

次の日に、

彼氏に来てもらって、撤去作業を手伝ってもらったよー。

 

おかげで、物干し竿。全部撤去完了。

 

気分はかなり、スッキリ!

 

家の周りに錆びた物があるって

 

家相的に良くないらしい。

 

そうなのか。。。

 

とにかくこの3連休は、

買い物はせずに、

捨てることに専念した。

 

捨てるのって、

エネルギーがいる。

 

だけどね、

捨てたら、

別の新しいものが、

ちゃんと、入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

雨天決行って結構いいかも、実は、

6月に都内であるパーリーを開催した。

 

誰にも知られたくないくらい、わたしの超お気に入りの場所が会場だった。

パーリーの開催場所が場所なので、パーリーがあるということを

限られた人にしか知らせなかった。。。

 

そして、7月1日。

そのパーリーに参加したひとにしか、告知していない超特別限定イベントがあった。

 

今回の超特別限定イベントの参加を決めてくれた人は、

 

え!?

雨でもやるんだ。。。

正直、びっくりした

らしいと言うことを後から聞いた。

 

イベントを計画する時にイベント当日の天気がどうなるかなんて、

分からないじゃない??

 

それにせっかくイベントに参加するって予定を時間を空けてくれたのに、

雨で中止するのも、なんだか勿体無いなーと思ったの。

 

標高1、100mもあり携帯も繋がないほどの山にあり、

呼ばれた人しか行くことの出来ないところと呼ばれている神社があります。

 

本当はその神社に行く予定だったんです。

 

ところが調べていくうちな毎月1日は、とんでもない御守りが買える日ということでとんでもなく混むらしいです。

どのくらい混むかって?

ネット情報では、

あんな体験、二度としたくない!

というほど(泣)

 

ただでさえ、激安混みする日なのに、7月1日は土曜日だから、さらに大激混みが予想されたので、

無理矢理行き先を、長瀞にある宝登山に変えた。 

長瀞を知っていますか?

いま、すごく話題のスポット。


なんの、話題?

ふふふ、今幸せいーっぱいの
皇族のあの方がデートで長瀞に行ったということで、
大注目されているスポットです。

 

当日の天気予報では、

午前中、弱雨、その後曇だった。

 

雨も止みそうだし、、、

出来るだろう!
と、

わたしは躊躇なく

 

イベントの

 

決行を決めた。

 

普通、山登りをする計画をしていた日に、

雨が降ったら、山登りのスキルを上げるために雨の降った山登りをするとか、よほどの登山の熟練者ではない限り、

山登りは中止しますよねー?

低い山すら登ったことのない初心者の場合は

と・く・に。

雨が降った山道は足元すべりやすくて危険だし、壮大な景色も何も見られないし。

 

秩父に近づくにつれて、雨は強くなり、

長瀞駅に着いたら、
それはもう土砂降り。。。

土曜日にも関わらず、長瀞駅にはあんまり人がいなかった。

 

一足先に着いていた、悪ノリ軍団のボス、マカロさんは駅前の売店でそばを食べて、奥様と一緒に大雨のなかポツンと壁のない売店にいました。

 

 

 「いやー、雨だったら中止にするのかとばかり思っていたらやるんだね。

まんぬに任せたらどうなるのかなー?
一切、口を出さなかったら、、、
雨でもやるんだ。って驚いたよ。。。」 

 

わたし、山登りイベント中止に

すべきだったの??

 

天気予報では、弱雨、それから
曇のはずだったのにー

全然違うじゃん!!!

どっからどうみても大雨ね。

 

だけど、宝登山はロープウェイを使えば5分で山頂付近まで行けるみたいだし、

初心者でも登れるようだから、

行けるよね。。。

 

そんなことを考えながら、 

大雨の中、遅れてきた未来マンと合流した。

これで今回の悪ノリ軍団、全員集合。

 

駅前から出てる無料シャトルバスに乗って、ロープウェイへGO!

 

ワクワク、ドキドキ、
ロープウェイ!

ロープウェイからの景色は、、、

うーん、

霧でなーんにも見えませんー。

まるで、
雲の中にいるみたい。

異世界に引き込まれそうー。 

元の世界に帰ってこられるかしら、

 

霧に包まれた山頂駅に着いた。

そして大雨と霧の中、宝登山山頂を目指す!! 

登ること、約10分!! 

山頂であることを示す看板を発見!!

本当は写真を撮りたかったのだけれど、

歩くので、必死で写真どころじゃなかった。

 

だけど、山頂に無事に到着。

そのあと、雨の中散策したけれど、

まあひとが、いないー。

 

混んでて、人でゴミゴミするよりいいし、
山の雰囲気も霧がかかって幻想的だった。

 

雨だからひとがほとんどいないわけだけど、

ひとがいない山って気持ちいいし、人疲れしない。

 

これは新たな発見だった。

 

ひょっとしたら、わたしは山登りイベントを中止すべきだったんじゃないか?

 

と、山頂へ向かうロープウェイに乗った辺りから、薄々思っていたのだが、

 

みんな、これくらいの雨ならアリだよと

言ってくれた。

 

晴れていたら、野上駅から長瀞アルプスで宝登山の山頂まで向かうプランだった。

 

雨の場合は、長瀞駅に集合して、

ロープウェイで宝登山に登るということも、前日に参加者に伝えておいた。

雨でもやるんだ。。。

って正直、びっくりしたらしい。

 

とは、いえ、なかなか楽しかった。

 

これから夏本番がやってくるから、低い山だと、暑くて苦しくて地獄になりそうな気がするから

夏に登るなら、標高1,500m以上の初心者向きの山にする。

 

今回の山登りイベントは、超限定特別オファーでしたので、

後から、わたしも参加したかったーといろんなところからちらほら言われました

ので、次はもっと広く告知したほうが良いかも。。。

 

あと、8月の企画はどうするんだ。。。との声もありました。

うーん、8月の企画はどうしましょう。

 

近々メルマガ、発行しますー。

 

ブログでは、なかなかいろんなことが
書けないことに気付いた。

 

なので、メルマガにはブログには書けないもっとすごい話、プライベートな話題を、あなたにお伝えしていきます。

 

7月1日の山登りイベントはこれでは、終わりません。

次の記事は、摩訶不思議な長瀞編です。

ではではー。

まんぬ