「疑ってみる」ということのわたしなりの方法

大学生の時に、部活の顧問の先生から、「ひとが言ったことを、自分で確かめもしないでむやみに信じるんじゃない。」

 

ということを言われた。 

 

これも、「疑う」ということになると思う。

 

ガチスピ大学の基礎講座では、
疑うということの大切さについて、
切に説明してくれている。

 

だけど、そういう神経を使ったことのないわたしにとっては、なかなか気力も体力ももたなくて、
そんなに出来ていない。

 

これでは、まずい。。。


疑うということが、日常のこととして出来なくなると思った。

 

そこで、疑うことのハードルを下げるのに、

自分への問いかけを変えた。

 

どんな風に変えたか??

 

それは




ちょっと、答えを予想してみてね。






予想して、くれたかな?


 

 

本当に?



そう、ただ

 

目の前のことや
起こったことに対して


本当に?


と自分に問いかけてみる。


疑うことへの、ハードルがかなり低くなった。

 

現実がどう変わるか??

 

しばらく実験だー。

 

f:id:southpark15:20171002184933j:image