英語でご飯を食べてゆくと決めた理由

わたしが大学を卒業してから最初にした仕事は日本企業の経理でした。

 

英語なんて、全く使わなかった。

 

毎日、請求書とパソコンの睨めっこ。


マジで、つまらなくて死にそうだった。

 

この頃からだと思う。英語を使った仕事をしたいと漠然と考えたのはー。


英語なんて、全く出来ないまま。

その後、経理の仕事を辞めて、
社会人になって稼いだお金を全部、留学費にして、
わたしはそのままカナダのトロントへ向かった。

初めての英語圏での生活。

日本語を1から2か月くらい話さなかった(というより話せなかった)時期がある。 

 

なんで、日本語が話すことが出来なかったて??


話すだけじゃない。読むのも書くのも禁止だった。

 

それはね、
どの語学学校を選ぶかによると思うのだが、

わたしの通ってた語学学校が母国語禁止だったからだYO!

 

わたしの選んだ語学学校はENGLISH ONLY POLICYが本当に徹底してた。

 

では、母国語話したら、どうなるか??
実際にそうなったひとは見てないけど、


退学


と言われました。

 

だから、同じ日本人同士でも英語でしか話せなかったー。

 

日本語が話せない環境があったというのは、辛かったけど語学を習得する上は本当に良い環境だった。

 

英語で話すよりも、日本語で話す方が楽だからついつい、日本語で話したくなってしまう。

 

強制的に日本語を話すことが出来ないというのは、
なかなか貴重な体験だった。


話すだけじゃない。日本語を見ることも聞くことも、なかった。

 

テレビ見ても、全部英語。学校のテキストも英語。授業ももちろん全部英語。家に帰ってもホストファミリーとの会話はもちろん英語。

 

挙げ句の果てには、夢の中まで英語になりましたー。

 

こうして、毎日生きた英語を浴びると、少しずつ英語を聴き取ること、話すことが出来るようになってきた。

 

もちろん、めっちゃ勉強したけどね!

 

ただ、英語圏の国に行くだけじゃ、英語を話せるようにはならないよ?

 

英語が話せるようになって、
メキシコ人、台湾人、アラブ人、ブラジル人、韓国人、など他の国の友達が出来てきた。

 

みんな母国語は違うけど、英語という共通言語でコミュニケーションが取れるのが、不思議で面白かった。

 

英語で意思疎通が出来た時は、本当に嬉しかった。

そう、他の国の友達が出来たからだと思う。

 

その時、

 

世界の風を感じだんだ。

 

それでわたしは絶対に英語でご飯を食べて行くと決めた。

 

で、現実は?

 

その時に決めた決意はちゃんと叶えられてるの?。

 

そうー

 

今、毎日英語を使った仕事をしている。

 

わたしが自分で決めたその夢はちゃんと叶ってる。

 

ところで、なんで急にわたしがこんなことを記事にしたのか?

 

今日はもう夜も遅いので、

その理由は、また次の記事で。

 

f:id:southpark15:20171108224600j:image

 

まんぬ